FANDOM


スリーアミーゴスは1997年1月〜3月にフジテレビ系で放送された刑事ドラマ『踊る大捜査線』の登場人物である神田総一朗署長、秋山晴海副署長、袴田健吾刑事課長ら3人の総称。ここではこの3人についても記述する。

概要編集

作品内におけるコミックリリーフ。自らの保身や個人的なささやかな幸せのため、緊迫した状況でも現実を理解せず緊張感の無いとぼけた行動をし、警察キャリア官僚に対しては絶対的に腰が低く、平常時においては部下たちをこき使いこき下ろし、時には職業倫理をも踏み倒す、などの普通に考えればトンデモなキャラクターで表現されている。しかし、普段は無理難題を押し付けている部下に対してもそれなりに感謝の思いがあり、自分の部下たちに危険が迫ったりまた部下が侮辱されれば激怒するなど上司としての人情味も人一倍あり、いざという時はやるところも見せるため、憎まれるような事は無く、むしろ権力への志向や一心に保身に向かう、その「弱さ」が一種の人間的魅力をかもし出している。

当初、「スリーアミーゴス」の設定は存在しなかった。しかし、真下正義を演じるユースケ・サンタマリアが言い出したことがきっかけとなり、公式に設定されたのである。名前は映画『サボテン・ブラザーズ」に由来する。本人たちは「おかげで3人でしか登場しなくなったよ』と嘆いている。例えば、TVシリーズ第1話では清水宏演じる下出警務課長を含めた4人で戒名(捜査本部出入り口に掲示する「○○捜査本部」という呼称のこと)を決める相談を行っている。また同話の捜査会議のシーンに署長の姿は無い。テレビシリーズ第3話の留置場のシーンなど初期には小林すすむが演じている刑事課盗犯係係長の中西修を加えた4人で行動していることもあったが、中西を演じている小林すすむが別の仕事(芸能人水泳大会)で足を怪我してしまい急遽台本を変更して座ったままか棒立ち状態て演技するシーンばかりになってしまったため現在の3人組の組み合わせが固定化したという[1]

スリーアミーゴスのうち神田署長、秋山副署長の2人は当初下の名前は未設定であった。この「下の名前が設定されていない」という点については、君塚良一がスピンオフドラマ『警護官 内田晋三』の製作会議において、主役:内田晋三も当初は下の名前の設定が無かったことを交え、「下の名前を付けていないということは、自分としては、それほど重要ではない、1回だけの出演のつもりの役だったということだと思う。」と発言している。なお、神田署長に関しては、下の名前を視聴者に募集したところ「薫」という名前が候補に挙がったが、「神田 薫」では語呂が悪いため取り止められた。ちなみに、「薫」の名は甲本雅裕演じる緒方巡査部長に回されている。対して、同じく下の名前がない秋山に関しては、単純に忘れていたという理由により募集を掛けられることもなかった。その後、2010年6月25日に開催された「集う大捜査線 in 大阪」に於いて秋山副署長に「晴海(はるみ)」、同年6月26日に開催された「集う大捜査線 in 名古屋」で神田署長に「総一朗(そういちろう)」とTVシリーズから実に13年目にして名前が付いた。

映画版第1作・第2作・第3作公開直前にはスリーアミーゴスを主役にした『深夜も踊る大捜査線』というミニドラマ兼映画宣伝番組が制作され、深夜番組として放映された(とくに「2」ではマスコットの湾岸くん製作秘話もみられる)。この他にも第3作公開時にはドコモ動画にてミニドラマ『スリーアミーゴス THE MOBILE』が全5回配信された。

容疑者 室井慎次』にも3人セットで登場し、真下正義柏木雪乃の結婚式の招待状を東京拘置所に拘留中の室井慎次警視正に届けている。

番宣などのために踊る大捜査線シリーズ以外の作品に登場することもある。詳しくは、#踊る大捜査線シリーズ以外の出演を参照。

映画版第2作封切り直後の2003年8月15日〜17日には、イベント「お台場冒険王」の一環として、スリーアミーゴスを主役にした舞台版『舞台も踊る大捜査線 ザッツ!! スリーアミーゴス』が計5回公演で上演され、映画と同じく東芝が特別協賛(冠スポンサー)している。

踊る大捜査線シリーズ以外の出演 編集

CM 編集

  • 東芝CM
    映画版第2作封切り前後には映画の協賛企業である東芝のDVDレコーダー・携帯電話・ダイナブックのCMに、3人の役柄のまま映画の内容にリンクする形で出演。
  • スズキCM
    自動車のCM。
  • アメリカンファミリー生命保険会社CM
    かつては室井慎次役の柳葉敏郎もCMに出演していた。

フィクション作品 編集

踊る大捜査線シリーズの設定そのままに登場することが多い。

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所』(秋本治原作:2003年8月10日放送分)
    『THE MOVIE2』のプロモーションの一環として、フジテレビ系列で放送されていたアニメのにもそのままの役(湾岸署から亀有公園前派出所を視察に来たという設定)で声優として出演した。

メンバー編集

神田 総一朗編集

(かんだ そういちろう)(北村総一朗

前湾岸署署長警視正
昭和14年9月25日生まれ。O型。
本籍・高知県(北村本人も高知県出身である)。自宅は港区台場の署長官舎。
最終学歴・法政大学文学部卒業。
特技・締め、音頭
青島を湾岸署に呼び寄せた張本人。「警察の仕事はミスのない捜査とスキのない接待」がモットーで、その主な仕事も湾岸署にやってくるお偉方の接待である。隣接する勝どき署の署長とは同期のライバル関係にあり、お互いを過剰なまでに意識している。将来的には丸の内署の署長職を狙っている。「THE MOVIE」での領収書の窃盗事件(警察にかかる経費が多すぎるがため)では窃盗容疑ですみれに「逮捕」され取調べを受け、「THE MOVIE 2」では管内の業者を使ってやる替わりに、暗に賄賂を要求している描写がある。また同署内の女性警察官との不倫が発覚したり、歳末特別警戒スペシャルでは湾岸署が占拠された際、犯人に「責任者を出せ」と言われ袴田が神田を指差した際に「課長の神田でございます」と言って袴田を裏切るなど、だらしないと見える行動が目立つが、これらはギャグ的な場面で、神田自身も憎めないキャラクターなので、ダークな印象を抱れない、ある種得な人物でもある。生年月日からすると「THE MOVIE 2」の時点ですでに60をこえており、もう定年退職してもいいはずの年齢なのだが、その気配もない。しかし、「THE MOVIE 3」で湾岸署長を真下に譲ることに(定年退職したかは不明)。普段は警察官僚に対してものすごく腰が低いが、やる時はやる男で、最終回でのシーンでは現場軽視の態度をとる本庁幹部対して「出来損ないでもねぇ命はってんだい!!」と啖呵を切り、自分(と袴田、秋山)の首(辞表)を差し出して現場の刑事達を守るという気概も見せる。彼もまた現場の警察官であり、ごく稀とはいえ真剣にものを言うこともあり、「深夜も踊る大捜査線3」では「我々が青島を守らなかったら誰が守るんだ」との旨の発言をした事もある。ちなみに上述の不倫の件では、本庁上層部の知るところとなり、減俸処分が下されるという自業自得ともいえる憂き目にあっている。なお、映画版での不祥事の際は緒方と真下に「(取調室に)行きなさい」と言われていたが「THE MOVIE 3」では日向真奈美の説得に向かう青島に対して「行きなさい(生きなさい)」と言っている。その後、本庁幹部に「私の仲間のすることに口出しするな!!」と啖呵を切ったが、前2作同様引きずり出されてしまった。なお、この役が縁で、この役を演じている北村は2008年4月に実際に誕生した東京湾岸警察署一日署長を務めている。
当初は秋山副署長とともに下の名前は未設定であったが、2010年6月26日に開催された「集う大捜査線 in 名古屋」に於いて、TVシリーズから実に13年目にして演者である北村の名である「総一朗(そういちろう)」という下の役名がついた。

秋山 晴海編集

(あきやま はるみ)(斉藤暁

前湾岸署副署長・警視
昭和24年10月28日生まれ。A型。
本籍・福島県(斉藤本人も福島県出身である)。自宅は千葉県四街道市
最終学歴・東海大学教育学部卒業(実際は東海大学に教育学部はない。元ネタは教養学部か)。
特技・トランペット剣道、合いの手
いつも神田署長と行動を共にしており、事実上署長の腹心。「THE MOVIE」でも、「領収書窃盗事件」は神田に責任があるが、実際に盗み、破り捨てていたのは秋山であり、共犯とも言える立場なのだが、彼は神田のように咎められることはなかった。奇声とも言えるような笑い方をする。ちゃっかりしており、神田を裏切る事も多々あり。
TVシリーズ撮影中、斉藤は『電磁戦隊メガレンジャー』とレギュラー出演の掛け持ちになっていたため、スリーアミーゴスの中で秋山だけ登場していないカットが一部に見られる。
当初は神田署長とともに下の名前は未設定であったが、2010年6月25日に開催された「集う大捜査線 in 大阪」に於いて、TVシリーズから実に13年目にして「晴海(はるみ)」という下の役名がついた[3]
役柄上では、袴田刑事課課長の1学年上であるが、演者である斉藤は、袴田課長の演者である小野より11歳下である。

袴田 健吾編集

(はかまだ けんご)(小野武彦

湾岸署刑事課課長・警部
昭和25年8月1日生まれ。O型。
本籍・東京都(小野本人も東京都出身である)。自宅は埼玉県さいたま市
最終学歴・東京都立港工業高等学校卒業。
特技・仕切り、接待、バドミントン
青島の直属の上司で、刑事課の問題児・青島と娘の進学が悩みの種。典型的な中間管理職で様々な板挟みに遭い喘いでいるが、室井が率いる捜査本部のミスから署内で青島が刺された際、あくまでも事務的な対応をした室井に「私の部下の命を何だと思ってるんだ!」と啖呵をきるなど、時には部下想いな熱い一面も見せる。
袴田課長は神田署長、秋山副署長とは違い、テレビシリーズから『健吾』と言う名前があった。
役柄上では、秋山副署長の1学年下であるが、演者である小野は、秋山副署長の演者である斉藤より11歳上である。

参考資料 編集

人物設定などを収録した公式出版物

  • 踊る大捜査線 湾岸警察署事件簿 (キネマ旬報社キネ旬ムック 1998年10月31日)ISBN 4-87376-505-6
  • 踊る大捜査線THE MOVIE シナリオガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 1999年4月17日)ISBN 4873765129
  • 踊る大捜査線THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!シナリオガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 2003年9月16日)ISBN 4873766028
  • 踊る大捜査線研究ファイル(扶桑社文庫 フジテレビ出版、2003年5月30日) ISBN 4594039898
  • 踊る大捜査線THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!完全調書 お台場連続多発事件特別捜査本部報告書 (角川書店 2003年7月) ISBN 4-04-853645-1

脚注 編集

  1. 「踊る大捜査線 COMPLETE DVD-BOX 付属特製ブックレット」p. 10。
  2. 紹介の際、まず内田晋三の名をあげ、「わかんないよね」と言い、高橋克実の名をあげている。
  3. スリーアミーゴスの笑っていいとも出演の際には、「秋」「山」にかけて「春(晴)」「海」としたんじゃないかと演じる斉藤暁は話していたが、司会の森田一義は「晴海」ともかかっているんじゃないかとも推測していた。

関連項目 編集