FANDOM


個別の11人は、『踊る大捜査線』に登場するグループ。

概要 編集

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』で中心となる事件会社員連続殺人事件の犯人グループ。元はリストラされたサラリーマンたちで構成されている。

国見 昇(マギー
会社員連続殺人事件の犯人グループの1人で、元はリストラされたサラリーマン。羽田空港で盗んだ拳銃を持っており、雪乃を脅して拉致し、さらに逃走の際、すみれに向かって発砲し重傷を負わせる。工事中の蒲田トンネルを隠れ家のように利用していたが、スリ一家に財布をすられたことを切っ掛けにそれが捜査本部に知られてしまう。
高橋 健三(入江雅人
会社員連続殺人事件の犯人グループの1人で、元はリストラされたサラリーマン。最初に捜査本部に電話をしてくるが、応対した沖田仁美のあまりに高圧的な態度にキレて電話を切ってしまう。
三島 龍也(森下能幸
会社員連続殺人事件の犯人グループの1人で、元はリストラされたサラリーマン。捜査本部に電話をしてきたときに最初に真下が相手をすることになる。国見と一緒に雪乃を連れ回していた。
中島 高志(木村靖司
会社員連続殺人事件の犯人グループの1人で、元はリストラされたサラリーマン。SMプレイに通じており、殺人事件の被害者をロープを使ってSMプレイ特有の複雑な縛り方で縛ったり、アジトに使用していた廃ビルの中にロープを張り巡らしたりしていた。
瀬川 吉雄(三宅弘城
会社員連続殺人事件の犯人グループの1人で、元はリストラされたサラリーマン。東北出身者。殺人事件の目撃者である江戸りつ子を追いかけてカジノパーティーにひそんでいたが、そこで「蒲田(カマタ)」のことを東北訛りで「カメダ」と聞こえるように発言していたため捜査本部が混乱することになる。

備考 編集

  • 元ネタは、『攻殻機動隊』に登場するテログループ。また、犯人の発する「カメダ」の言葉の元ネタは、『砂の器』。

脚注 編集