FANDOM


容疑者 室井慎次
監督 君塚良一
脚本 君塚良一
製作 亀山千広
出演者 柳葉敏郎
田中麗奈
哀川翔
八嶋智人
吹越満
佐野史郎
柄本明
真矢みき
筧利夫
音楽 松本晃彦
撮影 林淳一郎
さのてつろう
編集 菊池純一
配給 東宝
公開 2005年8月27日
上映時間 117分
製作国 日本
言語 日本語
興行収入 38.3億円
前作 交渉人 真下正義
次作 踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!
キネマ旬報
  

容疑者 室井慎次』(ようぎしゃ むろいしんじ、英題:THE SUSPECT)は、『踊る大捜査線』のスピンオフ映画。2005年8月27日に『THE ODORU LEGEND CONTINUES』として公開された。

ストーリー 編集

交渉人 真下正義』での事件から数ヶ月後の2005年2月に、警視庁新宿北警察署管内で発生した殺人事件の捜査過程で事情聴取を受けていた新宿北署員の神村誠一郎巡査は刑事達を振り切って逃走し、車にはねられ即死してしまう。これにより、事件は神村巡査による金品奪取目的の犯行という形で捜査を打ち切り、神村巡査は被疑者死亡のまま書類送検されようとしていた。被疑者が警察官であったため、警察上層部は早く決着をつけたいのだった。

捜査本部長として指揮を執っていた室井慎次警視正は、死亡したとはいえ被疑者の証言が得られないままでの捜査打ち切りに納得のいかないまま、押収物の整理をしていた。その際室井は、被疑者と被害者が共通のある「物」をもっていることに気が付く。そこで捜査続行を決定し、再度捜査会議を始めようと刑事たちを招集する。するとそこへ東京地検から窪園行雄検事が現れ、室井を「特別公務員暴行陵虐罪」の共謀共同正犯の容疑で逮捕してしまった。理由は、弁護士の灰島秀樹の陰謀によって、神村巡査の母親が告訴していたためだった。

さらに、この逮捕劇の裏には池神警察庁次長と安住警視庁副総監の間で次期警察庁長官の座を巡る醜い派閥争いが隠されていた。事件の真相を探ろうとする室井の前に身内の権力闘争が立ちふさがり、彼の勇気は消え去ろうとしていたが……。

キャッチコピー 編集

  • He's black?(彼は、クロか、シロか?)
  • 青島よ、約束は果たせそうにない…
  • 正義に裏切られた男。/敵は犯人だけではない。

キャスト 編集

踊る大捜査線シリーズの登場人物一覧も参照のこと。

※役職等は2005年2月(殺人事件発生時)現在。

スタッフ 編集

  • 製作(エグゼクティブ・プロデューサー):亀山千広フジテレビ
  • 監督・脚本:君塚良一
  • 音楽:松本晃彦
  • プロデューサー:金井卓也・臼井裕詞(フジテレビ)・堀部徹ROBOT)・安藤親広
  • キャスティングプロデューサー:東海林秀文
  • アソシエイトプロデューサー:小出真佐樹
  • ラインプロデューサー:井上あゆみ
  • 撮影:林淳一郎・さのてつろう
  • 美術監督:丸尾知行
  • 照明:磯野雅宏
  • 録音:本田孜
  • 美術:増本知尋
  • 装飾:藤田徹
  • 編集:菊池純一
  • FXスーパーバイザー:立石勝
  • VFXプロデューサー:浅野秀二
  • 監督補:佐藤英明
  • スクリプター:柳沼由加里
  • 制作担当:森太郎
  • 製作:フジテレビジョン・ROBOT・東宝スカパー! WT
  • 制作プロダクション:ROBOT
  • 映像制作:東宝映像美術
  • 配給:東宝

テーマ曲 編集

「ビー・マイ・ラヴ」-キース・ジャレット

備考 編集

  • いかりや長介が演じていた和久平八郎が、「踊る大捜査線」の世界では健在であることを示唆する台詞が後から追加された。これは、「和久を登場させてほしい」との柳葉からの要望に基づいたものである。
  • 踊るシリーズの劇場版第1作と第2作の間の時期に起こった“潜水艦事件”の概要に関して、劇中では一部触れられている。
  • この頃の警視庁副総監は劇場版1作目に登場した「吉田副総監」(神山繁)ではない(吉田副総監は「THE MOVIE 2」内で退官する旨を明らかにしている)。劇中で「副総監」と呼称されているのは、劇場版シリーズで警察庁警備局長(THE MOVIE)、警察庁刑事局長(THE MOVIE 2)、警視庁組織犯罪対策部長(交渉人 真下正義)を歴任した「安住副総監」(大和田伸也)である。
  • 劇中、雨の新宿の道路を封鎖するシーンがあるが、現地で撮影の許可が降りるはずもないため、福島県いわき市勿来町の工業団地に精巧な巨大セットを建設して撮影した。歌舞伎町のシーンも、いわき市市街地の歓楽街が使用されている。
  • 本作品での室井の逮捕容疑である特別公務員暴行陵虐罪の共謀共同正犯の内容は、死亡した神村巡査に対する過剰な取調べについて捜査責任者として捜査指揮中に知りながら黙認したことである。
  • 劇中で描かれている「警察庁次長(警視監)対警視庁副総監(警視監)」のような出世争いは、実際には起こりえないものである。警察官僚の中で、警察庁次長は警視監の筆頭であり事実上、次の警察庁長官に当たる。その一方で警視庁副総監の上には警察庁長官官房長を始めとする本庁の局長、総括審議官、大阪府警本部長などの高級官僚が存在する。そのため、警察庁長官に一番近いのは警察庁次長で、警視総監に一番近いのは警察庁長官官房長となる。順番は原則として警察庁長官(階級外)、警視総監(警視総監:役職階級同じ)、警察庁次長(警視監)、警察庁官房長(警視監)、警察庁局長(警備、刑事、生活安全、交通、管区:警視監)と続く。

さらなるスピンオフ 編集

本作で登場した弁護士・ 灰島秀樹を主人公にした続編、弁護士 灰島秀樹が2時間ドラマで2006年10月28日に放送された。

ソフトウェア 編集

書籍 編集

CD 編集

DVD 編集

  • 容疑者 室井慎次 スタンダード・エディション - 株式会社ポニーキャニオン
  • 容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション - 株式会社ポニーキャニオン


関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。