FANDOM


テンプレート:継続中の作品

新城賢太郎(しんじょう けんたろう)は1997年フジテレビ系で放送された刑事ドラマ『踊る大捜査線』及びその劇場版の登場人物。演じた俳優は筧利夫

プロフィール 編集

  • 警視庁捜査一課管理官・警視(室井の後任で歳末SPからTHE MOVIE迄)。→警察庁長官官房審議補佐官[1](刑事局担当)・警視正。
  • 昭和41年8月10日生まれ。A型。(月日、血液型は演じた筧利夫と同じである)
  • 本籍・東京都。自宅は警察庁宿舎。
  • 最終学歴・東京大学法学部卒業。
  • 資格・剣道三段、少林寺拳法三段[2]
  • 特技・乗馬

人物 編集

歳末特別警戒スペシャル』で初登場。東大法学部卒の超エリートで、室井と比べる形で恩田すみれにより「室井弐号[3]」のあだ名を付けられ、真下正義により「弐号機は初号機[4]よりパワーアップしている」と評される。当初は、室井とは方向性が異なる典型的なキャリアで、目付きが鋭く傲慢な態度で所轄を徹底差別する。先輩の室井を敵視しており、面と向かって「(東北大学を見下す形で)入試で遊ばずに死ぬほど勉強しておいて良かった」と学閥を鼻にかけて侮蔑の目で見たり、陰で「田舎のサル」と罵倒していた。しかし、青島や室井と仕事をしていくうちに現場で働く者達の姿に心を動かされていく。

湾岸署婦警物語』では、篠原夏美や桑野冴子に手を焼かされながらも犯人を確保した。また、桑野に「室井より器が小さい」と言われてしまった。

THE MOVIE』では、副総監誘拐事件特別捜査本部の本部長を務めるが、池上警察庁刑事局長に本部長を室井と交代するよう命じられた為「(東京大学卒の)自分にはこれ以上の「点数稼ぎ」は必要ないが(東北大学卒業の)あなたには必要でしょう」と室井に語り、本部長の交代を要請する。一方で、この頃から次第に青島や室井を一目置くようになり、本作終盤での青島の負傷を全く気にかけない幹部連中に対して「兵隊は犠牲になってもいいのか…!?」と、露骨に不満を漏らす。

THE MOVIE2』では、所轄を見下す様な発言は無くなり、現場の実情を沖田仁美に理解させようと努力する他、捜査本部立て直しの為に室井に指揮権を委ねる様、警視庁幹部を説得する。

容疑者 室井慎次』では、警察庁の官房審議補佐官を務める。父親が検事総長と旧知の仲である事が明らかになる。権力闘争の中で自己の保身を図りつつも、室井の窮地を救うという離れ業をやってのける。登場人物の中で一番調整能力に長けているとみられる。それに加え東大閥という警察官僚の中の主流派に属しているので、ある意味一番「上」に近いともいえる。室井は事件の責任を取り辞表を出したが、新城の計らいで最終的に広島県警察本部刑事部へ異動した。室井が事件の捜査本部だった新宿北署を去る時に「あの人は、警察に必要だ…」と室井の警察官としての信念を高く評し、先輩である室井の存在を認める事となった。

THE MOVIE3』の製作が発表される前、君塚良一はもし『THE MOVIE3』があるとしたら『容疑者 室井慎次』で自分の権限で室井を助けた新城は、降格されて恐らく管理官になっていると語っていたが、実際には登場しなかった為、現在の動向は不明。

参考資料 編集

人物設定などを収録した公式出版物

  • 踊る大捜査線 湾岸警察署事件簿(キネマ旬報社キネ旬ムック 1998年10月31日)ISBN 4-87376-505-6
  • 踊る大捜査線THE MOVIE シナリオガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 1999年4月17日)ISBN 4873765129
  • 踊る大捜査線THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!シナリオガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 2003年9月16日)ISBN 4873766028
  • 踊る大捜査線研究ファイル(扶桑社文庫 フジテレビ出版、2003年5月30日) ISBN 4594039898
  • 踊る大捜査線THE MOVIE 2レインボーブリッジを封鎖せよ!完全調書 お台場連続多発事件特別捜査本部報告書 (角川書店 2003年7月) ISBN 4-04-853645-1
  • 「容疑者 室井慎次」シナリオ・ガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 2005年10月17日) ISBN 4-87376-622-2

脚注 編集

  1. 実際の中央省庁には存在しない官職。
  2. 筧本人も少林寺拳法三段である。
  3. アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する兵器、エヴァンゲリオン弐号機に由来。
  4. 室井慎次の事。なお、慎次の名はエヴァンゲリオン初号機のパイロットの一人、碇シンジからとられている。

関連項目 編集