FANDOM


篠原夏美(しのはら なつみ)は、『踊る大捜査線番外編 湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル』の主人公。演じた俳優は内田有紀[1]

プロフィール 編集

湾岸署刑事課強行犯係・巡査部長。
昭和51年11月16日生まれ。O型(※月日、血液型は演じた内田と同じ)。
最終学歴・大妻女子大学短期大学部卒業。


人物 編集

『踊る大捜査線番外編 湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル』の主人公。映画『ダーティハリー』が好きで刑事になりたくて警察官になる。物語の冒頭で警察学校を卒業したばかりの新人として、湾岸署交通課に巡査として配属される。青島と同様に自分の信念を貫いて行動するトラブルメーカーであることから、周囲から「女青島」と呼ばれるようになる。それゆえ、新しく上司になった桑野がその彼女の姿勢を批判し、諌める場面が見られた。被疑者と偶然遭遇してしまう悪運の持ち主でもある。
『歳末特別警戒スペシャル』で杉並北署時代の青島俊作の上司であった篠原浩三は父親であり、もともと父親から青島の話は聞かされていたが、青島と直接会ったのは『番外編』の終盤が初めてである。尚、劇中では室井との面識は無い。また『歳末特別警戒スペシャル』と『初夏の交通安全スペシャル』に登場する女子アナの綾波麗は大学時代の友人である。
踊る大捜査線 THE GAME 潜水艦に潜入せよ!』のおまけシナリオ「スリーアミーゴスの日常4」によると、長らく刑事課への転属願を出していたが、「女青島」という異名が神田署長に悪印象を与えてしまい、転属は大きく遅れることとなった。『THE MOVIE 3』では念願かなって刑事課強行犯係に転属し、青島の後輩として再登場する。名字は変わっていないが『THE MOVIE 3』までの間に陶芸家の男性と結婚している。

注釈 編集

  1. 「CHARACTER FILE 05 篠原夏美」『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 完全読本』pp. 46-47。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。