FANDOM


踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル』は、1997年12月30日にフジテレビで放送された『踊る大捜査線』シリーズのスペシャルドラマである。

ストーリー 編集

1997年12月29日、年末の湾岸署は多忙を極めていた。すみれや真下、晴れて湾岸署に配属された雪乃たちはそんな多忙さを嘆きながらも自らの職務を遂行していた。警察庁の警備局課長となっていた室井は、3月の不祥事の責任を取り杉並北署へ異動していた青島が湾岸署へ復帰していないことを知る。室井の計らいもあり晴れて湾岸署へ復帰することになった青島だったが、袴田をはじめ各課長らは青島を引き取ることを拒み合う。また、3月に定年退職した和久も半ば強引に指導員にさせられ湾岸署に復帰。青島は交通課へ配属となり渋々ながら業務を始めるが、自分の仕事そっちのけで傷害事件に首を突っ込むという勝手な行動をして署内でたらい回しにされる羽目になってしまう。そんな中、湾岸署管内で殺人事件が発生。湾岸署に特別捜査本部が立てられ、指揮官として警視庁捜査一課から新城管理官が派遣されて来る。

その後も傷害事件を一人で追っていた青島は、生活安全課にて事情聴取した鏡恭一をその犯人として逮捕する。刑事課に引き渡され真下が取り調べを行うが途中真下が席を外した隙に鏡の姿が見えなくなる。そして次の瞬間、課長席にいた袴田に別件の証拠品のライフルを突き付け「全員、動くな!」と恫喝する鏡。なんと鏡は袴田らを人質に刑事課に立て篭もってしまった……。

キャスト 編集

踊る大捜査線シリーズの登場人物一覧も参照のこと。

スタッフ 編集

ソフトウエア 編集

書籍 編集

  • 歳末特別警戒スペシャルのシナリオを収録
  • ノベライズ本
    • 踊る大捜査線スペシャル(フジテレビ出版、1998年10月) ISBN 4594025951
    • 踊る大捜査線スペシャル(扶桑社文庫 フジテレビ出版、2003年5月30日) ISBN 459403991X

VHS 編集

DVD 編集

  • 踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル完全版(ポニーキャニオン、2001年1月17日)

関連項目 編集

執筆の途中です この項目「踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル」は、ガンダムシリーズに関する書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めていますP:アニメ/PJガンダムシリーズ
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャルにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。